スマートフォンサイトはこちら

なごアグリパークとは

ホーム > なごアグリパークとは

なごアグリパーク 施設写真

6次産業化による農業の活性化を目的に名護市が整備を進めている施設です。

名護市から指定を受けた沖縄美ら島財団が施設の管理運営を行っています。

6次産業化を目指す農家などが加工品を開発し試作品を作ることができる加工研究室と、6次産業化に取り組んでいる事業者が入居するインキュベート室に加え、沖縄の島野菜を使ったレストラン「やんばるダイニング美ら島キッチン」と、観て、買って、体験できる「体感植物温室スーパーファーム」があります。

アクセス方法はこちらをご覧ください

リーレットダウンロード

なごアグリパークのリーフレットを簡単にダウンロードすることができます。ぜひご活用ください。

なごアグリパークの施設紹介

加工支援施設

”地産の作物から加工品を作ってみたい”という意欲に応える「加工研究室」と実際に取り組んでいる農業者の方が事業を自立させていくことを目的とした「インキュベート室」を備えています。

アグリショップ しまちゅらら

なごアグリパークのグランドオープンに先駆けて、アグリショップ「しまちゅらら」オープン。「健康・美容・長寿」をテーマに、農産加工品や農産物、健康食品や美容品の販売をします。

美ら島キッチン 外観写真

やんばるダイニング 美ら島キッチン

島野菜・薬草しゃぶを中心に安心安全な島野菜を楽しんでいただくほか、オリジナルスイーツやドリンクなどを提供します。その他宴会プランなども受け承ります。

スーパーファーム 外観写真

体感植物温室 スーパーファーム

3棟で構成された温室は、観て、買って、体験できるスペースがあり、温室内ではフォトスポットや島野菜の苗・観葉植物・園芸資材等の販売、親子で楽しめる園芸教室・工作教室などが行われます。